旅の目的

モンゴルに滞在し、大自然のエネルギーによって心と体を充電させる。

大自然と共生した生き方を採択した人々とともに暮らすことによって自然のリズムを体で思い出す。

馬や牛、羊など、家畜の世話、またはふれあうことによって心の豊かさを取り戻す。

エネルギーワークによってさらに深く大自然とのつながりを体感し、自然に感謝し、大地に感謝し、今ここにあることに深く感謝することができるような自分となる。

旧都を旅することによって、これからの自分たちの生き方を模索する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレアデス 光・太郎

光・太郎と行くモンゴル大草原ヒーリングツアーへ戻る

menuへ戻る