モンゴル国ドガナハッド/xuu.jpg

夏休みには草原へ子供たちが帰ってくる。子供たち数人で子牛を追いかけている。簡易の柵の中に子牛を入れて守るのだ。子供たちは騒ぐわけでもなく黙々と仕事をする。興奮するような楽しさではなく、心の芯が暖かくなり楽しいのだ。遊牧は心の芯が豊かになる仕事のようだ。