モンゴル国ドガナハッド/undurdub.jpg

AR MONGOL TRAVELの社長さんとツアーの企画を考えているとき、「ザ・モンゴルというようなツーリストゲルへ泊まりたい!」と提案した。彼は即座に「では、ウンドゥルドウブへ行きましょう!」と言った。ツアー最終日、ここで一泊し、朝日を拝み、草原の彼方へと馬を走らせる。